• 洗浄用マイクロファインバブル発生装置

取り付けるだけでCIPユニットの洗浄性能大幅アップ!

洗浄用ファインバブル(マイクロバブル)発生装置YJ-CL洗浄システムを食品、飲料工場のCIP洗浄ユニットに組み込むことで、従来のアルカリ薬品とお湯だけでは落としきれなかった熱凝固淡白などの残渣物を完全に除去し、ラインの洗浄性を大幅に向上し、アルカリ薬品の使用量の大幅な低減を実現するシステムなどYJノズルによるウルトラファインバブル(マイクロナノバブル)は実際の工業プロセスで大いに活躍しています。

もちろんファインバブル(マイクロナノバブル)の洗浄性能はこの食品分野に限ったことではありません。電機、鉄鋼、造船、自動車、機械、などさまざまな分野で、最大のエネルギー効率を誇るYJノズルは、いかなる巨大なプラントにも対応可能です。なお工業技術センターの実験データによると、この装置でファインバブル(マイクロバブル)処理をした水で超音波洗浄を行うと洗浄効果が更にあがるという報告書も発表されています。

具体的な効果の事例

  • ファインバブルによる食品、飲料製造ラインの洗浄能力の大幅向上
  • ファインバブルによる車のボディ鋼板の塗装前脱脂洗浄に!
  • ファインバブルは電子部品、機械部品洗浄などでも応用可能
  • ファインバブルでアルカリなど洗浄剤の削減でコスト大幅低減
  • ファインバブル(マイクロバブル)水のマイナス帯電化、OHラジカル作用などにより、汚れの剥離、除菌、有機物分解が促進し、洗浄効果を高めます。時代に即したノンケミカル洗浄機能水です。
  • ウルトラファインバブル(マイクロナノバブル)機能水を食品の原料に使用することで、水質向上、風味の向上に寄与します。注入ガスの変更により、還元水・酸素水・オゾン水製造などにも応用可能です。

実績例1 食品工業

OZAC排水処理システム(排水処理装置)においては、ファインバブル(マイクロ・ナノバブル)効果により、好気性微生物と通性嫌気性微生物の両方が活性化し、食物連鎖を起こす事でSSや汚泥の発生がさらに抑えられます。この活性炭含有スポンジ担体が投入された曝気槽への曝気をYJノズルで行うと、流路内の激しい乱流と、その圧壊作用とオゾンによるMLSS抑制効果でより、SSが分解してしまうために余剰汚泥は殆ど発生せず、OZAC(オーザック)排水処理システム(排水処理装置)では、そのまま河川、水路、海域、下水放流が可能となります。

実績例2 自動車工業

ファインバブル発生装置「YJノズル」は自動車産業の大手メーカーの大半でリピート採用対数!

ファインバブル発生装置「YJノズル」のインラインタイプを既設の送水管の途中に取り付け、または送り出しタンク内に水中ポンプ付きファインバブル発生装置「YJノズル」を設置することで簡単に脱脂洗浄交換を高めることに成功している。

採用したノズル

ファインバブル発生装置「YJノズル」のYJ-9(80ℓ/min)、YJ-15(180ℓ/min)、YJ-21(330ℓ/min)、YJ-32(750ℓ/min)、YJ-40(1150ℓ/min)型など。

自動車整備工場
採用ノズル
CAPTCHA image

* 必須項目