micro
マイクロバブル発生・YJノズルファインバブル(マイクロバブル)発生装置として、オンリーワンの完全スレート構造により汚水でも目詰まりせず超低圧損でエネルギー効率抜群! 汎用(水中)ポンプで簡単に使用できるエゼクター感覚のファインバブル(マイクロバブル)発生装置『YJノズル』

ファインバブル(マイクロバブル)ならエンバイロ・ビジョン
YJノズル1ファインバブル(マイクロバブル)発生装置『YJノズル』は、汎用ポンプに取り付けるだけで、エゼクターのように大気(ガス)自吸で稼動し、メンテフリーであらゆる用途で使用可能です。(材質は標準でSUS304、特注で316L、塩ビなどに対応可能)用途例としては河川湖沼浄化、排水処理、CIP・部品等の洗浄性能向上、冷却塔の藻・スライム・スケール対策、酸素・オゾンYJノズルポンプ・水素・二酸化炭素・窒素等のガス溶解など数あるファインバブル発生装置のなかで唯一の大口径ストレートパイプ構造で廃水、汚水、河川、海洋、湖沼などで使用しても目詰まりが一切なくメンテフリー、実際のフィールド、プロセスでもっとも実力を発揮できるのが本製品です。他のいかなるファインバブル発生装置に比べて圧倒的にメンテナンス性に優れ、低圧損で高効率、大流量対応も可能です。
ファインバブル(マイクロバブル)発生装置『YJノズル』の特長
・ファインバブル(マイクロバブル)発生器『YJノズル』に一般汎用ポンプ(水中ポンプなど)で給水するだけで、吸気部より自然吸気されてファインバブル(マイクロバブル)を含んだ大量の曝気水を水中に放出することが出来ます。(送水圧は1kg/cm2以上あればOKです。)しかも、業界最高レベルの通水量の約30%もの気体を混入させることが出来ます。工業プロセス用途はもちろん、一般排水処理でも使用可能な最高のエネルギー効率を実現したファインバブル(マイクロバブル)発生ノズルです。超高効率なファインバブル(マイクロバブル)曝気装置として使用可能です。 (開発者:山本 孝)
● ポイント

yj0203

・ファインバブル(マイクロバブル)により曝気槽、調整槽や湖沼など大きな水域でも効率的に好気化します。
・ファインバブル(マイクロバブル)は通常の気泡に比べて内圧が高く、水中に長く滞留することが出来ます。
・そのため、大きな水域に対して溶存酸素を効率よく向上、または維持することが出来ます。
・目詰まりがありません。YJノズルは模式図のようなストレートな構造となっていて超低圧損構造で通水径が大きいため、汚泥等が詰まる心配が一切なく、メンテフリーを実現します。ファインバブル(マイクロバブル)の気泡径最頻値は30~50μm(滋賀県立大学 南川教授による計測データ)。YJノズルはいかなる通水量にもスケールアップが可能です。
ファインバブル(マイクロバブル)『YJノズル』の用途
 空気、酸素、オゾン、水素、窒素、炭酸ガスなど各種ガスの液中におけるファインバブル(マイクロバブル)化
・ファインバブルによる排水処理の調整槽、曝気槽での高効率曝気
・ファインバブルによる湖沼浄化、ダム湖浄化、地下ピットなど臭気の低減
・オゾンファインバブル(オゾンマイクロバブル)によるバラスト水の殺菌処理やCOD、BOD低減、炭酸ガスなどによる中和処理
・ファインバブルによるガス溶解プロセス用ラインミキサー(サニタリにも対応)
・水に蒸気ファインバブルを混入し、スチームミキサーに応用
・ファインバブルによる水産物、農産物の育成促進、鮮度維持
・高濃度酸素水、オゾン水、高速酸化反応の混合ノズル
・ファインバブルによる各種洗浄用途(野菜洗浄、洗濯機、部品洗浄他)
・浄水場、下水処理場(各種高効率オゾン殺菌)など
ファインバブル(マイクロバブル)『YJノズル』圧力・流量表
下記仕様は予告なく変更する場合がありますので予めご了承願います(標準材質:SUS304)
ノズル形式 接続径
[インチ]
ノズル接続径
[A]
吸気部接続系
[インチ]
ノズル最小内径
[mn]
出力
[kW]
揚程
[mH]
水量※1
[L/min]
空気量
[L/min]
YJ-6 3/4″ 20 1/4 6.5 0.25~0.4 11 30 18
YJ-9 1″ 25 1/4 9 0.4 12 80 28
YJ-15 1″ 1/2 40 1/2 15 0.75 13 165 55
YJ-21 2″ 50 1/2 21 1.5 13 330 90
YJ-32 2″ 1/2 65 3/4 32 3.7 16 750 250
YJ-40 3″ 80 1 40 5.5 13 1,150 370
YJ-52 4″ 100 1 1/2 52 7.5 18 2,000 700
YJ-60 5″ 125 1 1/2 60 11 18 2,800 900
YJ-83 6″ 150 2 80 15 18 5,000 1,300
※上記仕様以外の仕様にもオプションで対応可能です。
ファインバブル(マイクロバブル)YJ-MB曝気装置

 ファインバブルによる悪臭対策・能力UP・省エネ! 調整槽、曝気槽、ビルピットなどで活躍中!

YJ-MB曝気装置

・ファインバブルにより設備全体を快調運転・安全化します。
・加圧浮上装置が不要になります。
・ファインバブルは悪臭分解効果抜群!
・供給酸素量をはるかに超えて有機物を分解。
・音・振動殆どゼロ!
・ファインバブル発生装置を沈めるだけでOK!
・バルキングなどのトラブル激減、汚泥発生量が減少、沈みも良好。
※大手化学工場で動力費が1/3以下に激減! ファインバブル(マイクロバブル)の消臭効果で悪臭(アセトアルデヒド)が消えた。
ファインバブル(マイクロバブル)YJ-FT浮上分離用

YJ-FT浮上分離用

 画期的! 加圧タンク入口に設置するだけで能率アップ&安定化・メンテナンスフリー・圧壊による有機物分解作用で処理水BOD低減ファインバブル発生装置「YJノズル」
・既設の加圧タンク入口にファインバブル発生装置「YJノズル」を取り付け、コンプレッサーエアーをノズル吸気部から吸入させるだけで、加圧浮上装置を安定化させます。
・ファインバブル発生装置「YJノズル」から発生する「せん断式ファインバブル(マイクロバブル)」が加圧タンクにより、マイクロナノバブル(ファインバブル)化し強制圧壊が発生、その結果、有機物分解が一気に促進。加圧エアーの超微細安定化による浮上分離効果の向上はもとより、ファインバブル(マイクロバブル)圧壊作用により、処理水のBOD・CODをダイレクトに分解促進、低減し、後段の曝気槽負荷を大幅に低減させます。
・ファインバブル発生装置「YJノズル」の吸気部に、空気の代わりに酸素、オゾンを注入することにより、さらに圧壊効果を増大させBOD・COD低減効果が可能です。
※ファインバブル(マイクロバブル)YJ-MS曝気装置の使用例です。

ファインバブル(マイクロバブル)発生装置「YJノズル」の採用事例
原料製造N社排水処理におけるファインバブル(マイクロバブル)『YJノズル』の画期的効果

ファインバブル(マイクロバブル)発生装置「YJノズル」導入により、排水処理設備において臭気の解消、BODの低減、薬注量の削減、凝集汚泥・余剰汚泥の減容が実現した導入実績例を以下に紹介します。

排水処理の対象) 化粧品原料等化学品製造工場排水処理
従来の問題点および課題
原水槽、調整槽等における臭気、ベントナイト凝集汚泥および活性汚泥の余剰汚泥の発生の抑制
排水処理の概要
処理水量150㎥/日 凝集前処理後の調整槽 BOD7000mg/ℓ
原水槽100㎥ → 凝集処理 → 調整槽100㎥ → 嫌気槽 → 曝気槽 → 沈殿槽
今回の改造内容
ファインバブル(マイクロバブル)発生器YJノズル「YJ-15」(0.75kw水中ポンプ)を原水槽、調整槽に各々1基設置
改善内容

・数十年来の問題点であった臭気がファインバブル(マイクロバブル)YJノズル設置後僅か一日で完全に解消した
・ファインバブル発生装置「YJノズル」により、ベントナイト凝集処理後の原水BOD7000mg/ℓが3000mg/ℓに大幅低減
・ファインバブル発生装置「YJノズル」により、ベントナイトの薬品使用量も半減し、コストダウンに成功
・ベントナイト凝集汚泥の引き抜き回数がファインバブル導入後、月平均22回から11回に半減(産廃費用半減)
・活性汚泥処理の余剰汚泥も半減(産廃費用半減)でコストダウンに成功
・振動、騒音が極端に少ないファインバブル(マイクロバブル)曝気が環境改善に貢献

顧客の今後の改善計画
原水槽、調整槽へのファインバブル(マイクロバブル)YJノズルの設置で画期的な臭気改善、薬注減量、汚泥減容に今回成功した。この好結果をうけ、今後は曝気槽を従来のブロワによるディフューザー曝気から低振動、低騒音、省エネルギーなファインバブル(マイクロバブル)「YJノズル」の曝気に変更することで大幅な省エネおよびブロワの撤去による振動、騒音の管理対象削減による省力化など、更なる改善を近々実施予定である。
yjnozzle01

遠賀川河口堰水質保全事業でファインバブル(マイクロバブル)発生装置『YJシステム』国土交通省が採用!
(国土交通省1級河川・水道取水口における水質改善成功例)

1)水質保全施設の概要
遠賀川河口堰貯水池内におけるアオコ発生に伴う景観障害、底層部での貧酸素水塊の形成、藻類増殖に起因する異臭味物質の発生などの課題を改善する水質保全施設の導入が求められ、全国における水質保全対策の実績を踏まえ、川幅400m、長さ1200mの水域の浄化を行うためファインバブル(マイクロバブル)「YJノズル」を設置した。
2)ファインバブル(マイクロバブル)発生装置の概要
ファインバブル(マイクロバブル)は気泡径が小さいため、気泡が水中に長く対流する特徴を有する。基本システムの構成は、ファインバブル(マイクロバブル)噴射ノズルに、水中ポンプ、送水管、空気自給ホースを組み合わせたシンプルなものである。
3)ファインバブル(マイクロバブル)発生装置に期待される水質改善機能
DO供給による水質改善機能(直接供給)
・底質へのDO供給・改善による栄養塩類等の溶出抑制(水生生物の生息環境の改善)
ファインバブル(マイクロバブル)の浮上、揮散、攪拌機能
・異臭味成分等の揮散による上水原水の水質改善 ・藻類の破壊 ・水塊攪拌による曝気促進
4)設置後の効果
期待した通りの結果が得られ、アオコおよび異臭味物質の発生抑制に成功した。改善前はこの取水口から取水する上水設備に、巨額の投資を要するオゾン高度上水処理設備の導入が必要と思われたが、現在、その必要はない状況となっている。
yjnozzle02
▲ファインバブル(マイクロバブル)による水質改善イメージ図

yjnozzle03-450○福岡県遠賀川河口堰
事業主体:九州地方整備局
浄化目的:アオコ対策
対象水域:河幅約400m
装置仕様:YJ32×20本

洗浄用ファインバブル発生装置 YJノズル「YJ-CL洗浄システム」

取り付けるだけでCIPユニットの洗浄性能大幅アップ!

食品、飲料工場のCIP洗浄ユニットに洗浄用ファインバブル発生装置YJ-CL洗浄システムを組み込むことで、 従来のアルカリ薬品とお湯だけでは落としきれなかった熱凝固淡白などの残渣物を完全に除去し、ラインの洗 浄性を大幅に向上し、アルカリ薬品の使用量の大幅な低減を実現するシステムなどYJノズルによるファインバブルは実際の工業プロセスで大いに活躍しています。
もちろんファインバブルの洗浄性能はこの食品分野に限ったことではありません。
電機、鉄鋼、造船、自動 車、機械、などさまざまな分野で、最大のエネルギー効率を誇るYJノズルは、いかなる巨大なプラントにも対応 可能です。
なお工業技術センターの実験データによると、この装置でファインバブル処理をした水で超音波洗 浄を行うと洗浄効果が更にあがるというデータも報告されています。

yjn_002

○食品、飲料製造ラインの洗浄能力の大幅向上。
○電子部品、機械部品洗浄などでも応用可能。
○アルカリなど洗浄剤の削減でコスト大幅低減。
○ファインバブル水のマイナスイオン化
OHラジカル作用などにより、汚れの剥離、 除菌、有機物分解が促進し、洗浄効果を高めます。時代に即したノンケミカル洗浄機 能水です。
○ファインバブルル機能水を食品の原料に使用することで、風味の向上が期待でき ます。また注入ガスの変更により還元水・酸素水・オゾン水製造などに応用可能です。

【実例集】

右の図は乳飲料大手の工場実ラインで採用 されたCIPユニット用ファインバブル発生装 置です。 従来は、アルカリ+お湯洗浄という、一般的な 方法でしたが、熱凝固淡白系の残渣物の完全 除去は困難でした。今回、YJ-CLファインバブル洗浄システムの採用により、熱凝固淡白の 除去に成功し、アルカリ薬品コストの低減に成功しています。

yjn_003-1

冷却塔用ファインバブル発生装置 YJノズル「YJ-CT冷却塔システム」

冷却塔の循環配管にファインバブル発生器「YJノズル」と適合ポンプを設置することで冷却塔の性能 向上、メンテナンスの低減、薬品費用の低減が可能になります。ファインバブル発生装置の配管への設置が難しい場合は冷却 塔内への設置も可能です
○ファインバブル効果による冷却塔の細菌、水垢、スケール、スライム、藻の抑制。
○ファインバブル水は普通の水よりも気化しやすいため熱交換効率自体が 向上し、熱交換能力の向上に寄与!
○ファインバブルのOHラジカル効果で除菌、有機物分解が促進され循環水 の水質を自然浄化!
○ファインバブルにより薬剤の投入、冷却水の濃縮が減少または不要に!

yjn_001

※下記フォームに必要事項を入力のうえ、「送信」ボタンをクリックしてください。

■お客様の情報をご記入ください。

【 会社名 】 (必須)

【 お名前 】 (必須)

【 ふりがな 】 (必須)

【 メールアドレス 】 (必須)

【 TEL 】 (必須)

【 郵便番号 】

【 都道府県 】 (必須)

【 市町 】 (例:東京都豊島区0-0-0)

題名にチェックして下さい。

■ ご相談やメッセージをご記入下さい。 ※資料請求の場合は、製品名をお書き下さい。

 

header430-45