オゾンマイクロナノバブル
オゾンマイクロナノバブル処理調整槽に投げ込むだけでBODを大幅に低減し、曝気風量(電気代)、凝集・余剰汚泥(産廃費用)、薬品使用量を大幅に削減!排水処理の低コスト処理を可能にする新技術です。活性汚泥の前処理装置として、負荷増加に対する能力アップにも槽の増設や工事無しで低コスト対応、下水放流の場合、活性汚泥なしでの処理も可能で費用削減効果は絶大!
また化学工場の難分解性処理にも対応します!

サンプルテスト、デモ機による実機性能確認が可能です。

・オゾンマイクロナノバブル(ウルトラファインバブル)の帯電効果による凝集効率の画期的な向上により、フロックが出来やすくなり薬注量が激減、さらにはオゾンならではのOHラジカル、マイクロナノバブル(ウルトラファインバブル)の圧壊作用等により供給オゾン量をはるかに超えて直接有機物を分解し、BOD・CODを大幅に低減!従来では考えられなかった省エネ、汚泥減容を可能にします。
・下水放流の場合、活性汚泥無しでの処理も可能に!省エネ、汚泥減容効果抜群!
・YJノズルだから装置または水中ポンプを沈めるだけでOK!工事費用ほとんどゼロでメンテフリー、槽の増設は一切不要で簡単に能力アップに対応します。
・悪臭対策や硫化水素対策でも抜群の効果を示します。

オゾンマイクロナノバブル(ファインバブル)処理データ例(すべて無薬注処理です)
オゾンマイクロナノバブル(ファインバブル)は超高速分解が特長です。極めて短時間での処理が可能です。

食品工場(甘味系)排水オゾンマイクロナノバブル処理データ例
測定項目 原 水 オゾンマイクロバブル処理水
(1時間処理)
BOD(生物的酸素消費量) 770mg/ℓ 85mg/ℓ
COD(化学的酸素消費量) 280mg/ℓ 180mg/ℓ
食品工場(穀類系)オゾンマイクロナノバブル(ファインバブル)処理データ例
測定項目 原 水 オゾンマイクロバブル処理水
(1時間処理)
BOD(生物的酸素消費量) 710mg/ℓ 250mg/ℓ
COD(化学的酸素消費量) 390mg/ℓ 150mg/ℓ
SS(浮遊性物質) 660mg/ℓ 25mg/ℓ
ノルマルヘキサン抽出物 250mg/ℓ 8mg/ℓ

オゾンマイクロナノバブルは難分解性物質の分解性能が極めて高い点が特長です。

難分解性 化学工場オゾンマイクロナノバブル(ファインバブル)処理データ例(途中経過データ)
測定項目 原 水 オゾンマイクロバブル処理水
(7日処理)
COD(化学的酸素消費量) 17,700mg/ℓ 9,790mg/ℓ
*本テストは現在も継続中で途中経過データです。最終的には低濃度まで分解できる見込みです。

※下記フォームに必要事項を入力のうえ、「送信」ボタンをクリックしてください。

■お客様の情報をご記入ください。

【 会社名 】 (必須)

【 お名前 】 (必須)

【 ふりがな 】 (必須)

【 メールアドレス 】 (必須)

【 TEL 】 (必須)

【 郵便番号 】

【 都道府県 】 (必須)

【 市町 】 (例:東京都豊島区0-0-0)

題名にチェックして下さい。

■ ご相談やメッセージをご記入下さい。 ※資料請求の場合は、製品名をお書き下さい。

 

header430-45