セラムコート防食塗料(塩害対策塗料・排水槽塗料・コート材・耐食・耐摩耗塗装)

セラム・コート

海岸、沿岸にある工場、構造物などで、従来悩みの種だった塩害対策用に開発された画期的な耐久性を持つ塗料です。
下塗りのプライマーを必要せとす、2回塗りを行う場合は同じ塗料を重ねます。耐食性、耐摩耗性に優れ、排水、浄水処理設備の塗料としても最適です。
主たる用途

実例対象母材は選びません=鋼板、ステンレス、アルミニウム、チタン、FRP、プラスチック、コンクリート、コンポジットなど

・海岸、沿岸の工場の外装用塗料
・海岸、オフショア構造物
・船舶用塩害対策塗料
・砂による磨耗防止にも最適
・排水、浄水処理設備用腐食対策塗料
(硫化水素対策にも最適です)
性能比較

船のスクリューの芯に塗布した際の違い(6カ月)セラム・コートと、一般的に耐食、耐磨耗塗料として普及しているガラスフレーク入りエポキシ塗料を比較します。
但し塗装膜厚はセラム・コート500μ、ガラスフレーク入りエポキシは1000μとしました。これは、実用面からセラム・コートの塗装膜厚が500μで十分なのに対し、ガラスフレーク入りエポキシの実用塗装膜厚が1000μ必要であるためです。

セラム・コートとガラスフレーク入りエポキシ塗料との性能比較
  セラム・コート ガラスフレーク入りエポキシ塗料
有効塗装膜厚 500μm(1回塗り) 1000μm(500×2回塗り)
耐摩耗性ASTM D-4060 1000回テスト 約10μm磨耗 約150μm磨耗
耐衝撃性ATSM D-2794テスト 約11ジュール 約3ジュール
銅板との接着性 約30Mpa 約7Mpa
セラム・コートの概要

顕微鏡写真セラム社(独)が製造するセラム・コートは微粒のセラミックス粉をエポキシ樹脂で繋いだ特殊防食塗料です(世界特許)。特殊形状セラミックスを高い混合比率で配合していることが大きな特徴です。右図は、セラム・コート塗装膜の断面顕微鏡写真です。特殊形状セラミックスの粒子が複雑に絡み合い、迷路状になっていることがわかります。この迷路状のセラミックス格子が、水分、塩分、薬液等の母材表面への侵入を完全シャット・アウトします。トップコートには従来通り、ポリウレタン塗料を別途塗布します。

セラム・コートの特徴

セラム・コート54S / セラム・コート54S

「塗装膜の性能」
・母材との接着力が極めて高い(表頁・比較表参照)
・極めて高い耐摩耗性(表頁・比較表参照)
・高い弾力性(ASTM-D522で証明済=右写真参照)
・極めて低い水分透過性(顕微鏡写真参照)
「経済性」
・下塗りのプライマーが不要なため作業代を節約できます。
・市販の塗装機で塗布できます。
(エアレス、ブラッシュ、ロール等で施工します)
・寿命がとくかく長い、とにかく塩に強い。
・部分的な補修塗装にも対応します(STP-EP)
・価格も従来品と変わりません。
なぜ塩に強いのか?

 まずは迷路状のセラミック格子(写真参照)が、水分、塩分、薬液等の侵入を防ぎます。さらにはセラム・コートの接着強度は30Mpa(型式による)です。これは一般的なガラスフレーク入りエポキシ塗料(7Mpa)の4倍以上の強さです。一般的に浸透圧と接着強度のバランスが塗料の剥離の原因とされており、海水の成分での浸透圧NaCl=14.3Mpa、FeCl=24.1Mpa、CaCl2=25.3Mpaであることから接着強度30Mpa以上を誇るセラム・コートは、これらの値を凌ぐため、他を圧倒して塩に強いのです。

製品ラインナップ
型式 用途 溶剤含量率 推奨膜厚 下地処理 特長 最小ロット
54S 外装用 20% 150μ/回 ブラスト 新設外装向け定番 22.1kg/1セット
CN200 内装用 0% 600μ/回 ブラスト 内装向き、排水処理槽など硫化水素対策にも最適 16.5kg/1セット
STP EPt 補修用 0% 150μ/回 サンダーケレン 亜鉛メッキにも対応 19.98kg/1セット

 母材の地肌に直接塗ることがセラム・コートの性能を最も発揮するうえで重要です。また補修用STPは、亜鉛メッキや生きた塗装面であればその上から塗布することも可能です。但し、従来塗装の接着強度が弱い分、性能が落ちることはご了解願います。また上記以外にも耐熱性塗料(500℃まで対応!)、断熱性塗料(表面温度を1/2に低減!)、耐磨耗床塗料など様々なタイプを用意しています。

排水処理 沈降槽へのセラム防食塗料の施工実績例(銅精錬所)

セラム防食塗料
日本国内の某銅製錬所での採用例です。CERAM防食塗料が採用されたのは、排水処理設備の沈降槽です。沈降槽の内面に耐薬品防食の目的でCERAM CN200LV2が施工されました。

排水,汚水処理装置の内面防食には伝統的にタールエポキシ樹脂が採用されて来ました。この顧客銅製錬所でもタールエポキシ塗料を沈降槽内面防食の為に採用し続けて来ました。 しかし排水の条件はタールエポキシ塗料にはかなり厳しいものでした。
排水は所内から集められた洗浄排水です。通常、排水は弱アルカリ性pH7~pH9で推移しています。しかし1日に1~2回、強硝酸を含んだ排水が投入され、短時間ではありますが、沈降槽内の排水のpHは一気にpH2まで下がります。 一時的にせよ強い硝酸を含んだ排水が混入し、pHが2まで下がる。これが、タールエポキシ樹脂のコーティング被膜を激しく攻撃し、タールエポキシ樹脂塗装膜は、 施工後6ヶ月を待たずに部分剥離を起こす問題が定常化していました。

排水中のSS分濃度は低く、また沈降したSS分は、摩耗性の低いものである事から、 塗料の選択にあたっては、耐薬品性(耐酸性)、防食性に重点が置かれました。最終的に選択したのは、耐薬品に優れた特性を持つセラムコートCN-200です。セラムCN-200は耐薬品性に優れているだけで無く耐摩耗性にも優れています(FRPの4倍の耐摩耗性を持っています)また防食性能も高い塗料です。(耐海水防食性試験でFRPの3倍の耐海水性能が立証されています)施工に先だって顧客ではセラムコートCN-200のテストピースを使って6ヶ月間の実液浸漬試験を実施し、性能を現場で確認しました。

セラムの施工に当たっては、下地はサンドブラストかけの1種ケレンを行いました。下塗りプライマーは使用しておりません。塗装被膜は薄くしたいと言う要望から、最終的には、CN200と同じ物性を有し粘度のみ低いCN200の低粘度バージョンCN200LV2を選択し、これを2回塗りしました。
1回塗りの膜厚は、300μで、2回塗りで最終膜厚は600μとしました。

上記の写真は施工1年後の開放点検時の写真です。
顧客は1年経過しても塗装膜に全く損傷、剥がれは全く無く、6ヶ月で部分剥離を起こしていた従来のタールエポキシ塗料に比べ大幅な改善となった、との結論を出しました。
spacer

セラムのドイツのグラスウール製造工場での排水処理設備沈降槽での実績例

ドイツのグラスウール製造工場に設置された排水処理用の沈降槽(新設)に セラム防食塗料 CN-200が採用された例をご紹介します。
沈降槽に入る排水は工場内の製造設備の洗浄水です。 排水のPH値は7~8、温度は20~30℃で、極端な腐食を誘引する排水ではありません。
但しこの排水中には、2~7mm長のガラス繊維が大量に含まれており、 これが槽内面、円筒、下部攪拌羽根、槽底部の激しい摩耗の要因となっており、耐摩耗対策としてセラムコートの内面用重防食塗料CN-200が採用されました。
■セラムの仕様
・沈降槽は2基、内容量は各160m3、槽材質は鋼板製
・塗装施行前には丁寧にブラストをかけた一次ケレンの下地処理
・塗装施行はエアレス塗装機を使用
■セラムの塗装厚み
・槽の上部、円筒部は1回塗りで 600μ
・槽の下部、底部、撹拌羽根は2回塗りで 1000μ
・セラムコートの常としてプライマーは使用していません。
攪拌機をタンク内に設置

spacer

排水槽専用防食塗料「セラム」

沈殿槽内面(FRP代替)・砂濾過タンク内面(ゴムライニング代替)浮上分離槽など
ドイツで開発された画期的な高密度セラミック含有エポキシ防食塗料です。
下塗りのプライマー不要で、母材との高い密着力(30MPa)が特長です。
耐酸性(pH1に対応) 超耐食性 耐摩擦性(従来比15倍)
・酸、アルカリ、塩分、硫化水素などに対する耐食性の向上
・母材は選びません(鉄、SUS、アルミ、コンクリート、プラスチックなど)
排水槽専用防食塗料「セラム」

※下記フォームに必要事項を入力のうえ、「送信」ボタンをクリックしてください。

■お客様の情報をご記入ください。

【 会社名 】 (必須)

【 お名前 】 (必須)

【 ふりがな 】 (必須)

【 メールアドレス 】 (必須)

【 TEL 】 (必須)

【 郵便番号 】

【 都道府県 】 (必須)

【 市町 】 (例:東京都豊島区0-0-0)

題名にチェックして下さい。

■ ご相談やメッセージをご記入下さい。 ※資料請求の場合は、製品名をお書き下さい。

 

header430-45