某自動車製造業への納入実績|ファインバブル発生装置「YJノズル」で塗料カスの分離

塗料カスの分離方法現状の問題点と改善

現状の塗料カス回収の流れ

%e5%9b%b31

 

従来はキラー剤投入:コスト〇百万円/年
注)キラー剤機能
① 不粘着化
② 浮上/沈降/分散
③ pH 管理
④ 消泡   など。

今回,キラー剤を使わずに,塗料カスを効果的に分離するため,マイクロバブルに取組む。

 

導入結果

  • ファインバブル 「YJノズル」による,塗料カスの浮上,不粘着化, 無臭化に成功。
  • キラー剤投入無しで、無薬注化に成功。
  • ファインバブルポンプ詰まり等,不具合は特になし。

 

今後の予定

  1. 樹脂塗装工場での実用化
  2. 他工程へのマイクロバブルの適用検討
    (1) 塗料サーキュレーションの洗浄
    (2) 車体塗装 前処理 脱脂工程の洗浄性アップ

 

改善の流れ

キラー剤なしで,綺麗な水が循環している。塗料カスの浮上にも成功。

%e5%9b%b32

仕切りのあとのブースの循環水ポンプ側にも,塗料カスが浮上してしまった。

%e5%9b%b33

 

邪魔板を設置(仕切りまでの時間拡大,且つ,ミリバブルの量を増やした)ポンプ側の水も綺麗になった。

%e5%9b%b34

ドラム缶に回収した塗料カスは,無臭化及び不粘着化されている。

%e5%9b%b35

 

 

 

LINK58080_0